積極的に障がい者雇用を取り組むプレキャストコンクリート製品の製造・販売会社
トップ > 環境保全活動

社会活動

環境保全への取り組み

当社は、コンクリート2次製品の製造、販売に係わる事業活動を行っていることを踏まえ、循環型社会への対応を最重要課題の一つと認識し、環境との調和に配慮した事業活動を推進しています。 リサイクルのために、昔は埋め立てる事しか出来なかった廃棄物を、コンクリート製品の材料の一部として使用することで、廃棄物を減量するとともに、天然鉱物資源の節約を図っています。その他に、植物の生育を促し、生物が生息しやすい環境を作る製品の製造、販売を行うなど、エコな取り組みも行っております。

自然風景

フライアッシュ

石炭火力発電所で、石炭を燃焼する際に生じる灰の一種がフライアッシュです。 中国電力三隅火力発電所から排出されるフライアッシュを、セメントの一部として使用しています。 使用した製品は、「しまねグリーン製品」として認定されています。

フライアッシュ

溶融スラグ(ようゆうスラグ)

廃棄物溶融スラグとも呼ばれ、廃棄物や下水汚泥の焼却灰等を1300℃以上の高温で溶融したものを冷却し、固化させたものが溶融スラグです。 松江市鹿島町にある”エコクリーン松江”、江津市波子町にある”エコクリーンセンター”の2つのゴミ処理施設から排出される溶融スラグを、砂の一部として使用しています。 使用した製品は、「しまねグリーン製品」として認定されています。
溶融スラグ(ようゆうスラグ)

フェロニッケルスラグ(ナスサンド)

日本冶金工業株式会社(京都府宮津市)にて、フェロニッケル粒鉄を製造する際に発生するスラグを粒度調整したものがナスサンドです。フェロニッケルとは、ステンレスの主原料となる合金です。 鳥取県岩美郡岩美町の旧岩美鉱山で永続的に発生する汚泥ケーキを、原料の一部として使用し、副産物として排出されるナスサンドを、砂の一部として使用しています。 使用した製品は、「鳥取県グリーン商品」として認定されています。

フェロニッケルスラグ(ナスサンド)

発泡ガラス(ポーラスアルファ)

株式会社鳥取再資源化研究所にて、ガラス瓶を約1,000℃で焼成することにより製品化し、これまで不可能とされていた無害化ガラス発泡体を特許製法により実現したものが発泡ガラスです。 鳥取県内の一般家庭から排出されるガラス瓶を原料とした発泡ガラスを、砂の一部として使用しています。 使用した製品は、「鳥取県グリーン商品」として認定されています。

発泡ガラス(ポーラスアルファ)

環境保全製品

ここ近年、すべての河川において、自然環境の保全に配慮した「多自然川づくり」が積極的に進められています。「多自然川づくり」を行う場合には、河川が本来有している生物の生息・生育・繁殖環境に配慮し、河川風景を保全・創出することが重要です。 そのためには、護岸の形成に役立つコンクリート製品も、自然に配慮した環境保全製品が望まれます。 弊社は事業活動において、環境保全製品の製造・販売を推進しております。

環境保全製品